ディスクゴルフ選手紹介 ポール・マクベス

Others

ディスクゴルフ選手の紹介です。ディスクゴルフの歴代最高の選手とも言われている選手が、ポール・マクベス(Paul Mcbeth)。これまで、数々の大会で優勝しており、この人なしには近年のディスクゴルフは語れません。

出身:アメリカ カリフォルニア州ハンティントンビーチ(Huntington Beach)

現在地:バージニア州フォレスト

生年月日:1990年7月9日

配偶者:ハナ・マクベス(Hannah McBeth)

兄弟:ディスクゴルフをやっている兄がいます。

身長:173cm(5’8)日本人の身長に近く、フォームの参考にできますね。アメリカ人の中では比較的小柄な方です。

スポンサー:Discraft、GripBagなど

ホームページ(ディスクラフト)https://www.discraft.com/paulmcbeth

ホームページ(ファウンデーション)https://foundationdiscs.com/

PDGAhttps://www.pdga.com/player/27523

ユーチューブhttps://www.youtube.com/user/PaulMcBeth(更新率高め)
いろんなディスクゴルファーとのコラボなどがあり、いつも楽しみにしています。

Putting, Disc Selection, & Practice (Twitter Q&A)

フェイスブックhttps://www.facebook.com/mcbeth27523(更新率比較的高め)

ポールのツイッターhttps://twitter.com/paul_mcbeth?lang=en (更新率低め)

ハナのツイッターhttps://twitter.com/hannahemcbeth(更新率高め)

インスタグラムhttps://www.instagram.com/paul_mcbeth/(更新率高め)

主な成績:DPGAワールドチャンピオンシップ優勝5回(2012, 2013, 2014, 2015, 2019)、PDGAランキングで1位(2015, 2017, 2018, 2019)、ディスクゴルフ・プロツアー・チャンピオン2018優勝、ヨーロピアン・オープン優勝(2013、2015、2017、2019)、ジャパン・オープン2014年3位など数々の成績を残しています。一番最近では、先日開かれたDynamic Disc Openを僅差で優勝しました!

PDGAランキング:1位

PDGAレイティング:1055

得意分野:すべてにおいて秀でていますが、その中でもパットはピカイチ
ロングショット、アプローチ、フォアハンドなどどのスキルも超一流です。その中でも、他のトップ選手と差をつけているのは、パットだと思います。サークル1内(10m以内)はもちろん、プロでさえ難しいサークル2(11~20m)からの超ロングパットを高確率で決めれるスキルを持っています。印象に残っているのは昨年のMVPオープン(コース:メープルヒル)の最終ラウンドの最終ホールでのパットです。100フィート(30m)離れており、かつ右手には木があるので、アンハイザーでパットをしなければいけない状況。普通だとレイアップするような場面でも、見事決めました!

The BEST Disc Golf Throws from the 2020 MVP open at Maple Hill | LEAD CARD HIGHLIGHTS | Jomez

ディスクラインアップ

 ルナ(Luna)、ミドルレンジ:バズ(Buzzz)、マルタ(Malta)、ゼウス(Zeus)、アンダーテイカー(Undertaker)、アネックス(Anax)、アベンジャーSS(Avenger SS)、ゾーン(Zone)

2020年シーズンのハイライト

2020 Highlights Collection – Paul McBeth

以上、ディスクゴルフのポール・マクベスの紹介でした。今年もいくつタイトルを取れるか楽しみですね。
DDオープンでは、ラウンド3ではチェイスカードでしたが、見事に巻き返し、首位争いを制しました!上位5人が僅差で、ハラハラする大会で、楽しかったです!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。