トレーラーEnglish【ウォーキングデッド シーズン10】

映画・ドラマ

ウォーキング・デッドはいつも間にかシーズン10まで来たんですね。
数年前にシーズン3まで見たんですが、ゾンビ系がおなか一杯でその後観ていませんでした。
そろそろ再開しようかな。

今回はウォーキングデッド シーズン10のトレーラーの英語の解説をしていきたいと思います。

「ウォーキング・デッド」シーズン10 予告編

1:19~1:37

Peanut butter meet jellyというセルフに着目して、解説していきます

英語

Negan: Look man if its all the same to you, I just stay here and pick tomatoes and bury corpses

Gabriel: You can fight. You are low on fighters. Peanut butter meets jelly.

日本語字幕

ニーガン:トマトを収穫したり、死体を埋めたりしていたい

ガブリエル(神父):君は戦える。戦力不足だろ。利害が一致する。

日本語訳

ニーガン:ガブリエルにとってすべてが同じだったら、俺はここにいて、トマトを収穫したり、死体を埋めていたりしていたい。

ガブリエル(神父):お前は(戦力があって)戦える。お前は戦う人がいない。利害が一致するだろ。

Peanut butter meets jellyの解説

利害が一致すると訳されるこのフレーズ。スラングとしてこの表現が使われるわけではないですが、peanut butterとjellyの関係を理解しなければいけないセリフです。

アメリカの定番の軽食としてパンにピーナッツバターとジャムをサンドしたサンドイッチ「Peanut butter and jelly sandwich 」が有名です。

このサンドイッチは、どちらか一方だけでは物足らなく、二つのトッピングがそろわなければおいしくないとも言われます。

このことから、それぞれが欠かせないもの、相性が合うものなどともとらえられます。

今回のpeanut butter meets jellyは、このような背景で使われたセリフだと思います。

ニーガンは戦えるけど戦いたくない、一方腕にとげがついている人(アーロン)は戦いたいけど戦力がないので、お互いが足りてないものを補えるためこのようにセリフを使ったのだと思います。

免責

*太字は引用

*日本語訳は、英語のニュアンスができるだけ伝わるように自分なりに訳したものです。

そのため誤りや勘違いが含まれる場合があるかもしれませんが、ご了承下さい。

著作権について

このブログで引用している、アメリカTVドラマ「ウォーキング・デッド」の英語版スクリプト(台本)および日本語字幕の著作権は、その制作者に属します。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。